職業人講話

 今日の午前中は
東京3期生倫子先輩。
「ようこそ先輩」訓練生の皆の身近なところでお話を聞きました。
アパレルや帽子関連のデザイナーでもある彼女は180°花にシフト。
花の職人デザイナーとして着々と活躍しています。
ITFAで花を学び、すぐにアメリカに立つ予定を、
先ずは日本の花業界のデザインや流れを学ぶ為に大手の花屋に勤め、
数々の有名ホテルやテナントで勉強。
一年半学びながら働き、まもまくアメリカ、ニューヨークに発ちます。
すでにニューヨークでの生けこみも決まっており!!
「かっこいい!!」❤憧れちゃいます。
ぜ~ったい。遊びに行ったろ!!

午後からは、
日本一の大田花市場から
株式会社 フラワーオークションジャパンの上西部長☆
花業界全般にわたり、生産から販売、日本国内から世界に至るまで
講師の私達にとっても大変勉強になりました。
質問形式を交えながら穏やかなお話しぶりに、ぐいぐい引き込まれました。

花は酪農やスポーツ用品マーケットと変わらぬサイズを持ち
生産も世界3位。
まだまだのびしろのある業界であることが分かりました。
物日以外での花の需要。
しくみや企画を考える必要があります。
私達、花にかかわる者が、人任せにせず、生み出す責任を担い、
今後も10年後も、もっと先も花業界が良くなる方向に歩んで行きたいものです。
と、プランツパートナーの山下取締役の〆のお言葉を頂戴し。
納得した一日でした。
今日はフランスからアレックスも参加。
積極的に取り組んでくれたので世界から見る日本や花にもふれることが出来ました。
あ~面白かった。
卒業生や訓練で であった仲間達。
アメリカやフランスと、なんてインターナショナル(笑)。
おかげさまで ITFA 国際トータルフローリスト協会と名乗らせていただいております。
な~んて人任せな・・・。言ってる端から・・・。
益子秀美でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください