お供え花

 今日は 親友の仏壇に供える仏花をプリザで作りました。
駆け出しの頃から、花仲間だった彼女はとてもセンスよく。
段取りも目先がきいていました。慈悲深く、明るく、美人で頭の良い自慢の親友でした。
レッスンに関してはカリキュラムつくりから、解説方法、新デザイン提案。
実践ではブライダル装飾など、よく二人でやっていました。
ご主人の事業を手伝うことになり、道は分かれましたが 彼女はいつも私の味方でした。
そんな、彼女の残したお花で制作しました。
まるで、彼女がそばにいるようで、「この色使ってね」「こっちのが、いいんじゃない」
彼女が切り残した ヘデラ数枚まで「これも使っちゃって」
声が耳元でして涙がボロボロでました。
先日も夢を見ました。彼女を見つけて思わずハグしました。
「こんなとこに おったん?こないだ家行ったのに。こんなとこで何してんの」
「ありがとうね。心配かけてごめんね。」にこにこして彼女が言いました。
闘病中に何度も聴いた言葉です。
彼女好みの色合いになりました。

4 thoughts on “お供え花

  1. yuko より:

    うわぁ~!素敵っ!!
    先生のあたたかい想いが溢れ出ていて、とても癒されました。まるで生花みたいですね。
    ブログ、楽しみに拝見しています~。

  2. まっし より:

    ほんと!?ありがとう!
    yukoさんがそう言ってくれるくらいなら
    きっと親友もOK!出してくれてるよね。ありがと
    これからも よろしくです。

  3. 花ピー より:

    プリザで仏花いいですね

  4. まっし より:

    プリザで仏花 いいね。
    残された方が男性の場合は特に手間がかからず。
    綺麗が続きます。
    そして、時を刻むのを忘れた花が・・・。
    故人も心に留めてくれそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください